枠組足場

くさび式足場と同様、オーソドックスな工法で、基本部材を組み合わせて組み上げる足場です。
一体形成された建枠にプレース・布板を組み合わせることで、高い安全性を確保することができます。

原則地上45mの高さを上限として組み立てることができます。
比較的容易に組立・解体ができるため、現場の状況に柔軟に対応することができます。

枠組足場の特徴

■建枠の種類が豊富

寸法によって標準枠(枠巾900㎜以上)・簡易枠(枠巾900㎜未満)・拡幅枠の3種類に分けられます。
主な寸法はインチサイズを例にとれば、巾914㎜×高さ1,700㎜です。
枠巾は1,219㎜・914㎜・610㎜・410㎜などがあり、その他にもメートルサイズのものもあります。

■強固な鳥居型建枠

鳥居状に一体形成されているため頑丈で、高層ビルの足場で多く使われています。

足場、とびの施工、求人のことなら中島架設

【TEL】080-9341-8222
【所在地】東京都八王子市西寺方町513-5 ルーヴルランス201
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】八王子市を中心に関東近郊

一覧ページに戻る